PR

読書が苦手な人の傾向や性格は?大人の読書苦手の克服方法!

スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク
知里
知里

読書って強制じゃないから、読んでも読まなくてもいいんだけれど、

読みたいけど、どうも活字が無理!なんてこともある。

SNSやテレビのニュースで流れるテロップはスラスラ入るのに、

紙に印字された文字はどうして苦手意識がでるんだろう?

ヨメキチ
ヨメキチ

なんでだろうね。

でも体調が悪いときなんか、読みたくなくなっちゃうもんね。

そういう感じなのかも……

スポンサーリンク

傾向と性格

読書が”苦手”というくくりにするといくつかの共通する傾向や性格、ライフスタイルが見えてきます。”苦手”じゃなくて、実は違うのかもしれません。

注意散漫

読書には集中力が必要です。

長時間一つのことに集中するのが難しいと、読書が苦手になることがあります。

視覚優位

視覚的な刺激を好む人は、映像や画像に引き付けられやすく、文字だけの情報に対して興味を持ちにくいことがあります。

テレビや映画、YouTubeなどの動画を好む傾向があります。

時間の制約

忙しい生活を送っている人やスケジュールが詰まっている人は、読書のための時間を確保するのが難しいと感じることがあります。

短い時間で済む娯楽を好む傾向があります。

文字情報に対する苦手意識

読書障害(ディスレクシア)などの理由で文字を読むのが困難な場合があります。

このような場合、文字情報を処理するのが難しく、読書が苦痛に感じられることがあります

ディスレクシア( dyslexia)は、知的能力および一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書きに著しい困難を抱える障害であり、学習障害の要因となることがある。の要因となることがある。

Wikipediaより

実践的な性格

実際に体験すること行動することを好む人は、読書よりも体を動かす活動を優先する傾向があります。

アウトドアやスポーツ、手作業などが好きな人にこの傾向が見られます。

内向的でない性格

人と話すことや社交的な活動を好む人は、一人で静かに本を読む時間を退屈と感じることがあります。

友人と過ごす時間やイベント参加を優先することが多いです。

即時的な満足感を求める

読書は即時的な満足感を得ることが難しい場合があります。

ゲームやSNSなど、短時間での楽しさや達成感を求める人は、読書が長く感じることがあります。

ネガティブな先入観

過去の読書体験で理解が難しかったり、退屈だと感じた本に出会った経験があると、読書自体に対するモチベーションが低下します。

さらに、読書のスキルが未熟であると、読む速度が遅く、内容を把握するのに時間がかかるため、読書がストレスとなることもあります。

読書の苦手意識を克服しよう

少しずつ読書への抵抗感を減らし、楽しむことができるようになると未知の世界が広がります。

興味があるテーマを選ぶ

好奇心を刺激する

自分の興味関心に合ったテーマの本を選ぶと、自然に読む意欲が湧いてきます。

例えば、 好きな趣味や興味のある分野に関する本、または気になる人物の伝記など。

無理せず自分のペースで読む

≪自分にプレッシャーをかけない≫

1日で多く読もうとせず、自分のペースで進めることが大切です。

例えば、 読み終える目標を立てずに、楽しむことを優先する

短い本や読みやすい本から始める

初めから長編小説や難解な本を読むのは避け、短い本や子供向けの本から始めて、徐々に読み慣れていくと良いです。

≪イラストや写真が豊富な本≫

漫画やイラスト入りの本も入り口として適しています。イラストや写真が多い本は視覚的に楽しめるため、文字ばかりの本よりも取り組みやすいです。

短時間から始める

≪少しずつ読む習慣をつける≫

毎日5分から10分決まった時間に読書する習慣をつけると、読書が日常の一部になります。

例えば、朝のコーヒータイムや寝る前のリラックスタイムに数ページ読む。

オーディオブックを利用する

≪耳で楽しむ読書≫

オーディオブックは通勤中や家事をしながらでも読書を楽しめるため、忙しい人にもおすすめです。

例えば、オーディオブックサービスを利用し、興味のある本を聞く。

読書の目的を明確にする

≪目標を持つ≫

読書の目的を持つことで、モチベーションが高まります

例えば、自己成長やリラックス、趣味の知識を深めるためなど。特定のスキルを学ぶための実用書や、趣味を楽しむための専門書など。

読んだ本の感想を記録する

≪読書記録をつける≫

読んだ本の感想や学んだことを記録することで、読書の成果を実感できます。

例えば、読書ノートを作り、読んだ本の内容や感じたことを書き留める

読書環境を整える

≪快適な場所で読む≫

静かでリラックスできる場所を選ぶと、読書に集中しやすくなります。

例えば、 自宅の一角に読書スペースを設けたり、カフェで読む習慣をつけたりする。

まとめ

読書が苦手とひとくちに言っても、理由は様々です。

傾向や性格、なんてものも当てはまる人もいればそうじゃない人もいることでしょう。

そもそも多忙であればあるほど”読書”という活動は忘れられがちですよね。

それでいいんです。

読書のメリットもたくさんあるのですが、いつの日か「読書したいな!」と思った時にこそする読書に意味があります。そこから産まれるものはたくさん吸収できると思います。

読書に限らず、「今、一生懸命やるべきことをやる!」読書は後から着いてくるものです。

読書が苦手な思い込みを捨てると、いつか、もっと楽に読書できる日がくると思います。

読書
スポンサーリンク
松風知里をフォローする
タイトルとURLをコピーしました